<   2007年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ある日の夏ごはん。

先週のある日の夜ごはん。
献立はビールがおいしい夏モードで。

盛り付けが男前なのは気にしないで下さい。わはっ。
d0108983_8122218.jpg
左は豚肉の味噌漬けとナス,しし唐の炒め物
彼がお中元でいただいた味噌漬けですが、そのままいただくには漬かり過ぎ。
なので、削ぎ切りにして野菜とあわせて味を調節。
ほんと、ナスと味噌は相性抜群、夏定番の味。

下の黄色いのはトマトのおひたし
本来は、舌触りと味のしみこみを考えて、皮は湯剥きで処理。
でも、このトマトは有機で無農薬。
せっかくだから丸ごと食べなきゃね。と、深めに切込みを入れて、
隠し味のハチミツがポイントの出汁にどぼん。
簡単ながらとっても美味な一品。

これも夏ならではのお楽しみ、
[PR]
by comachi-room | 2007-07-31 08:16 | 口福なひととき。

7月の読みものMEMO。

『ラ・パティスリー』 上田早夕里
『むかしのはなし』 三浦しをん
『ランドリー』 森淳一
『カレーライフ』 竹内真
『料理、ときどき旅。おみやげはレシピ』 有元葉子
『飛田和緒の10年もの』 飛田和緒
『Organic Base マクロビオティックと暮らす』 奥津典子
『甘露なごほうび』 渡辺満里奈
『だからキッチンが好きなんだ』 土器典美
『美女に幸あり』 林真理子
『散歩のように旅、思い出しては料理。』 土器典美
『続・食べる女』 筒井ともみ
『靴に恋して』 谷村志穂 他
『甘露なごほうび2』 渡辺満里奈
『くいしんぼう』 高橋みどり
『ル・クルーゼで日々のごはん』 松田美智子
『食品の裏側』 安部司
『飛田和緒の台所の味』 飛田和緒
『ひとくちの甘能』 酒井順子
『一流シェフ100人の調味料』 超人シェフ倶楽部
『おいしいごはんは、器とはじまる』 飛田和緒
『おもたせ暦』 平松洋子
『野崎洋光「和」のシンプルごはん』 
[PR]
by comachi-room | 2007-07-30 15:32 | 読書のススメ。

梅仕事 ありえなーい・・・。

『曇りのち晴れ』

その言葉を信じて、朝早くからザルに並べた梅干。
健康的な自分の行いに若干酔いながら。うふっ。

そろそろ日が差してくる頃かしら~って思っていたら、

げっ、雨じゃーん!!

あーー、梅酢に戻すべきかしら。ショボン・・・。


--------------------


今、夕方5時。

今日のお天気はどうなのよ。
雨が止んだと思ったら、またスコールみたいに降ってくる。
その度に窓だってあけたりしめたり、大変なんだからね。ぶー。

でも結局、梅干は干してやった!
強引 グ マイウェイ。
[PR]
by comachi-room | 2007-07-30 08:34 | 保存食倶楽部。

梅仕事 袋漬けで梅干つくり。 ついに完成。

袋漬けシリーズの白梅干はとりあえず完成。
d0108983_952143.jpg
小粒大粒を合わせて約2kgなのに、出来上がると案外少ない。


干し方も保存方法も色々とあるようだけど、

ワタシは
[PR]
by comachi-room | 2007-07-28 10:05 | 保存食倶楽部。

イモヅル。

先日作った、手間のかかるワリには、地味で滋味なお惣菜。
d0108983_16361888.jpg
芋のつるの煮物

ワタシはもちろん、両親も戦争体験者ではないけれど、
母が好きなので、時々、実家の食卓にのぼった一品。
産直市で見つけ、懐かしくて作ってみた。
あああ~、家族揃って田舎者ってことがバレバレですわっ(笑)。
[PR]
by comachi-room | 2007-07-27 16:37 | 口福なひととき。

梅仕事 土用。

ここ数日、とにかく暑い、猛烈な日差し。
週間天気予報も晴れ続き。
となれば、やるしかないでしょー。

まずは袋漬けシリーズから、日光浴開始。

右上の【小粒 昆布白梅干】は昨日から、
【大粒 白梅干】は今日から、梅酢とともに光合成中(違う)。
ほぼ3時間ごと、まめにひっくりかえしています。←ヒマ人ですから~。
d0108983_16535782.jpg


最近の出来事。
[PR]
by comachi-room | 2007-07-26 17:22 | 保存食倶楽部。

休日中の胃袋。

彼とふたり、久しぶりにのんびり過ごせた連休中の食事あれこれ。

野菜をたっぷり食べたいときの定番料理
季節を問わずおいしい鍋もの

なんだけど、
台風の影響で野菜が高いわ。
d0108983_1324869.jpg
今回は野菜シャブシャブ風。
牛スジでスープをつくって、薄い醤油味に。
切らずに長いままのニラも、
レタスもキノコもサッと煮て、
まずは塩胡椒,ごま油のタレで。
牛スジも具としていただきます。
その後は、あっさりとポン酢で。

山盛りの野菜があっという間に消えてゆきます~。

--------------------

久しぶりに開店、焼き鳥こまち@ベランダ
d0108983_13244093.jpg
今回のお肉は、薩摩赤とり。
程よい歯応えがあってジューシーでうまいっ。
d0108983_1403339.jpg
自分が食べる串の面倒はマメに見る彼。
d0108983_13244942.jpg
細めのアスパラを芯に巻いた、豚バラ巻きもうまっ。
ネギは黒いけど焦げてるんじゃなくてよ(汗)。

--------------------

昨夜の食事は、買いもの帰りに通りがかった、
(一時は、予約が取れないと言われていた)
あの某 有名ちゃんこダイニング(モロわかり?)で。

初めてだったので、お店イチオシの塩ちゃんこを注文。
が、味は・・・すっごく普通・・・ものすごく普通。
一品料理もありきたり~。

結局、普通じゃなかったのは、お値段だけでした。たははっ。

--------------------

やっぱり家ごはんはいいな。

[PR]
by comachi-room | 2007-07-17 13:59 | 口福なひととき。

味見報告。

袋漬けで作っている赤シソなしの梅干。
左が塩分15%の大玉、右が昆布入りの塩分13%の小玉。
好奇心食い意地をおさえきれず、早々に試食。
d0108983_1355132.jpg
ひやーー、やっぱり、まだしょっぱーーいっ(笑)。
とはいえ、昆布入りのほうはすでにひと味違う!
土用が待ち遠しいぜっ。イェイ!!
[PR]
by comachi-room | 2007-07-17 13:17 | 保存食倶楽部。

少しのイーストで、牛乳パン。

2度のレーズン酵母おこし失敗に少々凹んでおりますが、パンは焼きたいっ!
ということで、『少しのイーストで ゆっくり発酵パン』より、“基本の牛乳パン” を。
d0108983_14482872.jpg
d0108983_14483560.jpg
ほんわりミルク風味の生地がおいしい、ハムとチーズをはさんだだけのサンドイッチ。
イーストのパンでも、ゆっくり時間をかけたものはひと味違う(と思う)。

あー、それにしても、パンがキレイに切れないっ。
これって毎回感じる小さなストレス。
ちゃんとしたパン切りナイフ、買いたいな。買おうかな。買っちゃうか!
[PR]
by comachi-room | 2007-07-14 15:01 | 粉あそび粉いじり。

再びマメな夜。

フムスを食べること3日。
何でも多く作ってしまう性分のおかげで、まだ残っております。
ちなみに、彼はフムスは・・・だそうなので、ひとりで食べ続けてます。

そのまま食べるのもいいけれど、4日目だし、ちょっと変化を。と思って作ったのが、
d0108983_10115777.jpg
ファラフェル・・・風 と もぎたてトウモロコシ


本物のファラフェルは乾燥ひよこ豆を戻してペーストにして揚げるのだけど、油の処理が面倒なのであくまでも手軽に。なのでファラフェル風。
その“ファラフェルもどき”の作り方は、
フムスに小麦粉とカレーパウダーを混ぜ、多めの油で揚げ焼きにするだけ。

でもこれが簡単ながらも、かなりうまっー!
油で焼かれた豆がコンガリと、なんともいえない香ばしさ!!
ただ種がゆるかったので、すごく油をすってしまったことを除けば、かなり好み。
・・・ペーパーで油を吸い出しながら食べました(汗)。
これがちゃんと作ったものなら、もっとイケそう。
肉がなくてもまったく問題なし。満足度の高いベジメニュー。

ということで、これが昨夜のごはん。
トウモロコシもうまかった。甘いし、ジューシー。
何の味もつけず、そのままでむさぼり食いました。
で、何気に前日に比べて、発泡酒が大きく育っているのは気のせいです。うひっ。

--------------------

作り方は色々あるようですが、とりあえずこんな感じというものを選んでみました。
参考にどうぞ。

What’s フムス⇒
What’s ファラフェル⇒
[PR]
by comachi-room | 2007-07-11 10:13 | 口福なひととき。