<   2007年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

5月の読みものMEMO。

『月と菓子パン』 石田千
『甘い雨のなかで』 甘糟りり子
『マリコの食卓』 林真理子
『世界の保存食をつくる本』 
『美食日記』 柿崎こうこ
『天然酵母で作るおやつパン』 矢野さき子
『徳永久美子のパンを楽しむ生活』 徳永久美子
『デイリーフード』 長尾智子
『マニュファクチャーズ』 岡尾美代子
『キャベツの新生活』 有吉玉青
『ケンタロウのおいしい毎日』 ケンタロウ
『あなたのそばで』 野中柊
『どにち放浪記』 群ようこ
『しあわせのねだん』 角田光代
『きちんと暮らす』 パトリス・ジュリアン
『チョコ+スイーツ×ラッピング』 福田里香
『おれんちでメシ食わないか』 小町文雄
『だれかのいとしいひと』 角田光代
[PR]
by comachi-room | 2007-05-26 17:43 | 読書のススメ。

ニンジンジュースがあったなら。

ワタシの朝は1杯の『カゴメ 野菜生活100』ではじまる。
なのでストックが切れて買出しに行ったときに、
何気なく手に取った『カゴメ まろやかキャロット』というニンジンジュース。
カゴメのものは一度も飲んだことがないので買ってみた。
ニンジンジュース自体久しぶり。

口にしてみると、やはりワタシには濃くて重過ぎる。
・・・ニンジンジュースってどこか焼き芋風味。
頑張って飲んだけれど3分の1くらい残して飽きた。

さてどうする。
と、ここで頭に浮かんだのが“行正り香さん”
行正さんのレシピは手軽でおいしいものが多そう。
(実際に作ったものが少ないので、はっきりと「多い」と言い切れない(笑))。
レシピ以外のコラムも多く、読み物気分で楽しめる著書が多いです。

その中にニンジンジュースを使うレシピがあったのを思い出したので冷蔵庫をのぞく。
何とかなりそうなのでクッキングスタート。
レシピ本があるのに開きもせず、自己流で作る適当さ(いつものこと)。
d0108983_1331034.jpg

大豆と挽き肉のカレー
黒米と米粒麦入りのごはんと

奥に見えるのは手作りプリン。むふっ♡


適当クッキングなのにうまっ。
味にやさしい甘みが。
野菜ジュースやトマトジュースを使ったときには感じないこの甘みは新鮮。
ニンジンジュースがいい仕事をしているんだな、きっと。

◆こまちのアバウトクッキング◆
[PR]
by comachi-room | 2007-05-23 13:35 | 口福なひととき。

ただいま入部検討中。

ほぼ毎日、デニムをはいて暮らすワタシ。
さすがに(三十路なので)ヘソはしっかり隠しますがローライズもバンバン着用中。
そしてこれからは薄着になる季節。
となれば気になるのが・・・お腹周り。
立っている分には誤魔化せるし、
そんなにボッコリと出てるワケではないのだけれど、
座ったりしゃがんだりすると、ちょいと「ゆる肉」が・・・。

その原因として思い当るのが、
今年に入って体調が優れないときが多く、若干運動不足。
しかも、食後にちょっとした甘いものを食べる喜びを覚えた。の2つ。

あっ、パン作りも影響してるかも。試食するし。
んっ、年齢的なものも影響してるかな(涙)。
・・・もう原因なんてどうでもいいっ!

というワケで、「ただいま、こまち増量中」
スーパーマーケットなどで見かけるとウレシイ言葉なのにこれは最悪デス。

なので、最近お世話になっているのが、
[PR]
by comachi-room | 2007-05-22 12:43 | お洒落ゴコロ。

少しのイーストがあったなら。

いつもならいるはずの彼がいない土曜の夜。
ありあわせでひとりご飯をすませて、とりかかったのはパン作り。
最近ちょっと精が出てます(笑)。

レシピは、買うだけで満足してしまっていた(ありがちなパターン)
少しのイーストでゆっくり発酵パン』から。
本当に少ないイースト。心配になるくらい。

 「前に飛行機の中で観たんだけど良かったよ」と彼が言っていた
 『博士の愛した数式』をテレビで観ながらせっせとこねる。
   いるはずの人がいないと、やっぱりさみしい・・・。
  映画は、しみじみとしたいい作品でした。

一次発酵は冷蔵庫でオーバーナイト。
いわゆる長時間発酵。
で、朝起きたら完了しているはずが、思ったよりもふくらんでなく。
レシピには“野菜室(約7℃)で6~10時間”とあったのを、
野菜室は満員だから~と“冷蔵室(約3℃)で9時間”だったのでいまいち。
なので、室温においてさらなる発酵(約2時間半)をうながす。

成形して二次発酵。

210℃で13分(レシピでは15分だけど)焼いて
d0108983_825033.jpg
基本のプチパン
使用した粉は「春よ恋」

いつものことながら粉でお化粧はせず。

Read more?
[PR]
by comachi-room | 2007-05-21 08:30 | 粉あそび粉いじり。

オリーブをのせて。

先日のディスカバリージャパンな旅行で手に入れた器。
d0108983_1237593.jpg
d0108983_12382956.jpg
幅は約2cm 長さは約40cmととても細長い。
その名もオリーブボート

器の存在を知ったのは“平松洋子さん” と “津田晴美さん”の記事から。
ワタシが日頃から、そのセンスと暮らしぶりに憧れているお2人。
そんなお2人が、まったく別々のところでこのオリーブボートをお気に入りとして紹介。
となれば、欲しくならないわけはなく。
このたび、コンランショップで無事発見、入手。
大事に抱えて帰ってきました。
ほんと、オリーブ好きな我が家にはぴったりな器。
ちょっと洗いにくいし収納しにくいけれど(笑)、これひとつでテーブルが豊かになる感じ。
オリーブ以外を入れて使うのもまた楽しみ。

そして、オリーブに刺したオール代わり?の松葉串も旅行の戦利品。
築地で購入。
d0108983_12551318.jpg
これまた“平松洋子さん”の影響。かなりマネっ子(笑)。
松葉串を使うのははじめてだけど、思いのほかよく刺さる。
見た目も新鮮だし、何にでも刺したくなる。
きっとしばらくはあちこちで刺しまくるでしょう。
手軽なのに、かなり素敵なアイテム(惚)。

寄り添うかわいい猫。
[PR]
by comachi-room | 2007-05-20 12:33 | 台所まわり。

シンプルな食事パン。

最近のパン作りは“ホシノ天然酵母&リスドォル” ばかり。
簡単でオイシイのですっかりやみつき。
だけど、他の使いかけの粉も気になるので、在庫処分がてら久しぶりに“ イーストパン
レシピは堀井和子さんの『うちで焼く丸パン』から。

こねるときの手触りも違うし、さすがイースト、発酵が早いっ。
近頃は天然酵母のスローさに慣れかけていたので、このクイックさがとても新鮮。
d0108983_1852273.jpg
丸パン

粉,水,砂糖,塩,イーストだけのシンプルな配合の生地を
色づくまでしっかりと焼き上げたのでかなりハードな味わい。
バターをつけて噛み締めて食べたい。
これはジャムにもあうはず。


同じ生地でもうひとつ。
[PR]
by comachi-room | 2007-05-19 18:09 | 粉あそび粉いじり。

ひらめいて、かけつけ3杯。

久しぶりに手打ちうどん作り。

残り少ないうどん粉を使い切りたかったのも理由のひとつだけど、
本当は何よりも、
d0108983_11565088.jpg
この『 ひらめき 』のため。

この日はじめて食べた?使った?ひらめきには、鹿児島特産の小みかんと唐辛子とごまが入っている。
小みかんの香りが効いた爽やかな辛味が好み。
ほんとっ、思わず何にでもふりかけたくなる。
はじめて口にしたとき、「これはうどんだっ、うどんにどっぷりかけたーいっ」と思ったので、はり切ってうどんを作る。

ひらめきひらめき~と言いながら、最初はなぜか、釜玉から。
これ、大好きなもんで(笑)。
d0108983_1225028.jpg
生地を1日寝かせたので、のびも良く細く切れた。
ワタシにしてはなかなかの出来。


さぁ、2杯目。
[PR]
by comachi-room | 2007-05-18 12:22 | 粉あそび粉いじり。

種は完熟?腕は未熟!

先週作った2回目のパン。
GW前につくっていた、今までとは違う作り方の“ホシノ天然酵母の生種”で。
参考にした本は、天然酵母の健康パン
・・・古本屋で105円で発見。ラッキー。

この本にあるのは、時間をかけて生種を完熟させるというもの。
種を作った4月はまだ気温が低かったから、出来に自信はないけれど、
とりあえず種にはなっているようなので、パン作り。

しかし、レシピは中種法がメインで、ストレート法は食パンくらい。
発酵のさせ方もいつもと違う。
そのまま作るといつものパンと比較しにくいので、作り方はいつも通りにしてみる。
今回はあくまでも、普通の種と、完熟の種の違いを知るのが目的。

<配合>
リスドォル 500g
砂糖 大さじ1強
塩 小さじ1強
生種大さじ1+水 約300cc
d0108983_12235522.jpg
発酵中も焼き上げ中もいつもよりふくらんだ(気がする)。

断面断面。
[PR]
by comachi-room | 2007-05-16 12:29 | 粉あそび粉いじり。

どっぷり焼酎ナイト。

先週の話ですが、美味しい品物を沢山頂きました(喜)。
ヒャッホーヽ(゚∀゚ )ノ ヽ( ゚∀゚)ノ ヒャッホー!
もぉ、うれしいのなんのって。

しかもその頂き物たちは、見るからにお酒に合いそう(さらに喜)。
というわけで、その真心とセンスに感謝をしつつ、ヨダレを垂らしつつ、
焼酎片手にサタデーナイトフィーバーいたしました。←んんっ、古っ(笑)。

d0108983_926329.jpg
手前は、これからの季節の定番料理 ゴーヤの酢の物。
カツオ節をたっぷり入れた土佐酢で。
今年初ゴーヤは、にがうまっ。
d0108983_9292564.jpg
奥に見えるのはやわらかい地鶏焼きと、プリップリンのさつま揚げ
手前は、かつおの腹身の燻製かまぼこ
マヨネーズに香り高いひらめきをふりかけたものをそえて。
右にあるのはカブの黒豚みそディップ。

本当にどれもおいしくてウマウマッ♪

さつま揚げのあの独特の甘さが、
地鶏のスパイシーなスモーキーさが、
腹身のまるでお肉のような食感と味わいが、
かまぼこのすっきりとした味と弾力が、
黒豚みそのコクのある甘みが・・・・と
すべてが焼酎とあうあうあう(笑)

そして、七味や一味とも違うひらめきの香りに感激。
何にでもふりかけたくなる爽やかさ。
絶対にうどんにかけて食べてみたいっ。

チビリチビリと。
[PR]
by comachi-room | 2007-05-14 09:36 | 口福なひととき。

JAPAN TOUR 2007 in 横浜&鎌倉。

少し前の話しになりますが、覚え書に記録。
それも、少々長く、とても私的で、かなり食べもの中心の(笑)。


お昼過ぎに横浜に到着。
それから夕方までフラリと歩き、彼の友人と合流して中華街で食事。
気持ちよく過ごし、部屋に帰るとすぐに爆睡。
カーテンを全開にして眠っていたので、まぶしさで目が覚めた。
5時くらいだったかな、多分。
朝日の美しさに、カメラを取りだしてパチリ。
しばし朝日をながめた後、カーテンを閉めてもう一度眠る。
数時間後に近づいた、鎌倉散策にそなえるため。
そして、前夜に飲んだ紹興酒を完全に追い出すためにっ(笑)。
d0108983_9463153.jpg
本気の起床は二度寝のおかげですっきり。
でも、胃はまだ重いので朝食はなし。
日焼け止めをしっかりぬって、持ってきていたスニーカーを履いて出発。
JRと江ノ電などに使えるという、お得なフリーキップを買って、電車でゴー。

いざっ、鎌倉!!
[PR]
by comachi-room | 2007-05-12 10:01 | おでかけ日和。